免許合宿はどんなところ - 合宿免許でとてもお得

免許合宿はどんなところ

通学とは異なり、免許合宿では一定の期間宿泊施設に滞在しながら、学習カリキュラムを組んで座学、技能を学んでいくので、AT車なら最短14日、MT車なら最短14日でスピード卒業が可能です。通常では入校7日目で修了検定が行われ、合格すると仮免許が交付されます。
路上教習はその後に行われ、14日目には卒業検定があります。これに合格すると教習所より卒業証明書が発行され、解散する流れとなっています。


スケジュールや最短卒業日は教習所によって異なりますが、ほとんどの教習所は14〜16日が最短スケジュールとなっています。

免許合宿が一般的になってきました。

ただし免許合宿の最短期間は、最もスムーズに進んだ場合のことなので、誰でも最短期間で免許が取れるわけではありません。


個人の努力こそが最も必要になります。

通学と違って、卒業まで期間が長くなってしまっても追加料金がかからないところがほとんどです。



費用は保証されているので、補習があっても心配はありません。



また早く卒業したからといって、返金があるわけでもありません。

免許合宿は全国の様々な場所にあります。
教習所もそれをわかっているため期間中に半日〜1日の休日を設けています。
そういった時間を利用して、観光や地元のグルメなどを満喫することが可能です。
同じ目的で人が集まるため、コミュニケーションが取りやすい免許合宿では、多くの出会いがあります。


性別を問わず、様々な人と仲良くなれるため、一緒に外出してより観光を楽しむこともできます。

免許合宿を卒業しても運転免許証はまだ交付されていません。

卒業してから1年以内に、住民票のある都道府県指定の運転免許センターで、適性検査と学科試験を受ける必要がありますので注意しましょう。